レッスンの意味

歌のレッスン、私の初めての歌レッスンは高校生の時でした。

音楽科のある高校に入り、個人レッスンが授業に組まれているという素晴らしい環境‼️
山形北高等学校、音楽科は私の自慢の母校です😌❤️

ここからレッスンを受ける毎日がスタート。歌のレッスンは週に一回、マンツーマンのレッスンが組まれており、高校もそうでしたが、その後進学した国立音大声楽科のレッスンもマンツーマンで週一回ありました。

よく、どのくらいのスパンでレッスンを受講するのがいいですか?と質問をいただくのですが、この先、どうなりたいか?でそれぞれに良い頻度はありますが、筋肉的、反射的な意味合いではやはり週に一回のレッスンがベーシックであり、効果があると思います。
期間はそれぞだと思いますが、週に一度、一年、その後は月2回、1回、またはLiveやレコーディングなどの必要時に利用する、というのが良いと思いますし、私のクライアントさんも上手く組み合わせてご利用されています。

レッスンの意味、はたくさんあると思いますが、
声は、自分ではなかなかわからないものです。きちんと音程やリズムはあらまし歌えていても、曲により、どの音色が良いかはなかなか自分で判断がつきにくいですね?

どんなに上手い人でも、もっと良くなる、というような声の使い方があったりもします。

レッスンでは、
・基礎力を上げる
・安定させる
・ニュートラルを知る(良い状態、ですね)
・二ュートラルに戻す
・様々なバリエーションを知る
・様々なバリエーションを創る
・繰り返し練習する
・一人では出来ない練習やビルドアップ
・練習の仕方を得る
・自信をつける
・表現を広げるネタを仕込む
・音楽の基礎を知る、得る
・音楽のルールを知る、得る
・個性を見つける
・個性を伸ばす
・人前に立つための予行演習をする
音楽、エンタテインメントの道に対し、真っ直ぐに向き合う姿勢を知る、学ぶ
・楽しさを得る

思いつくまま上げましたが、レッスンは必要じゃない、という人はそれでももちろん良い訳です。
レッスンなんかしなくても、自由に、壊さず歌える、それならそれでok!!なのですから😌

でも、例えば、天才的なプロゴルファー、タイガーウッズにもトレーナーは付いています。
ウッズに誰が教えるの?というところですが、微細な筋肉の動き、身体のブレ、頭の位置、などなど、弱い部分をきちんと分析し導くトレーナーがいる訳です。

また、よくフィギュアの世界やテニスの世界などでコーチは誰か、話題に上がりますが心理的に導くのが上手く、名コーチは決まっています。
シンクロの